浄水器を比較して納得できる製品の購入を

水道水を美味しく飲む方法の手っ取り早い方法として、浄水器の設置があります。

現在では、多くのメーカーから多彩な機能をもつ製品が市場に出回っているため、比較検討して購入するのがおすすめです。浄水器選びについては、まずどのタイプを選ぶかが重要で、蛇口に取り付ける小型の製品や浄水タンクが備わっている据え置きタイプ、水以外の不純物を一切通過しない逆浸透膜浄水器の3種類に分かれます。蛇口直結型は費用もお手軽で設置スペースも必要なく、簡単に取り付けられます。

一方、据え置き型はシンクですぐに本格的な水を使うことが可能で、フィルターの寿命が長い理由からランニングコストもさほどかからないのが特徴です。どのタイプが使用環境に適しているかをしっかり確認し比較していきましょう。タイプが決まったら製品を選ぶ行程になりますが、どの製品もフィルターの寿命期間に違いがあるため、ランニングコストを計算する必要も生じてきます。蛇口直結型のカートリッジでは平均すると約3ヵ月に一回の交換で、使用状況によっては2ヵ月よりも前に交換する可能性も否めません。

製品の価格も幅があるため、浄水器のタイプに関係なく製品の購入費とカートリッジ交換費用を含めたランニングコストの比較をするのが大切です。他にも、除去できる物質(例えば農薬や溶解性鉛、トリクロロエチレンなど)がどれくらいあるかの比較も大切で、製品によっては対象でないため記載のない物質もあるので、慎重に選びましょう。場合によっては購入するよりもレンタルする方法がお得に利用できる時もあるので、比較の際はレンタルも視野に入れることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *