浄水器の必要性と選び方

飲料水にペットボトルの水を購入するひとは多く、水の安全性について考える時代となっています。

たとえば、海外とは違い日本のどこでも飲める水道水は飲料として許可されているものです。ですが、飲めるものという認識がありながらもどこか不安に感じるといったことがあります。そう思う原因の一つに、貯水槽があります。マンションなどの建物の場合、屋上に水をためるタンクといった貯水槽がほとんどの場合設置されています。そこから各部屋に水を供給していますが、長く水をためておくと汚れなどが付着して不潔ではないかと不安になります。

実際に、すごく汚かったという話がテレビなどでも話題になりました。そういった不安から「水道水は飲めない」ということを思ってしまうひともいるようです。ペットボトルの水はおいしく安全ですが、毎日飲めば不経済になりえます。そういったことを解決してくれるのが、浄水器です。おいしくない原因の一つである残留塩素の「カルキ除去」などにも優れ、また古くなった水道管にありがちなサビなどもフィルター除去してくれます。また、塩素に含まれる「トリハロメタン」は毒性のある物質として知られていますが、水を雑菌から守るのには必要不可欠なものなので入れないわけにはいきません。

現在では「トリハロメタン除去タイプ」といった浄水器もたくさん販売されており、コンパクトで水道口に簡単に付けることができます。そのほか、健康に良いとされるアルカリイオン水を作れる浄水器があるなど家庭でも人気です。たくさんの商品がありますが、家庭での目的やニーズに合わせた浄水器を選ぶのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *