浄水器、それぞれのタイプのおすすめポイントとは

浄水器は水道水を浄化させる道具です。

ウォーターサーバーとは異なり、水道水をそのまま利用できるので経済的で、かつ様々なタイプのものがあり選択肢が広いと言うのも魅力的です。ではそんな浄水器のタイプ別にそれぞれのおすすめポイントを見ていきます。まずは蛇口直結型と呼ばれるタイプです。

このタイプは文字通り、水道の蛇口に付けるだけで浄水器としての機能を果たしてくれます。しかも水道の蛇口に付ける方法は簡単ですから、購入したその日から利用できると言うのもおすすめです。値段も安価なものが多いので買い替えも手軽ですから、初めて浄水器を利用すると言う人やあまりコストをかけたくないと言う人に適しています。それからポットタイプです。

これは浄水機能の付いたカートリッジが入ったポットで、その中に水を入れるとカートリッジによって浄水されると言う仕組みです。これのおすすめポイントは、一度に浄水できる水の量は限られている一方で、それを持ち運びできると言う点が挙げられます。ひとつ、持っておくと様々な場面での活躍が期待できます。

そしてシンクに据え置くタイプ、あるいはシンクの下に設置するアンダーシンクタイプです。このタイプは、浄水器としては大きい物も多いですが、その分、機能性に優れたものが多いのがひとつのおすすめポイントです。設置に関しては工事が必要になることも多いので、購入に際しては余裕を持っておくことが求められます。このようにおすすめポイントは異なるので、好みや需要に合ったものを選択、購入するのが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *