浄水器をおすすめする理由について

近年、日本国内における浄水処理機能が向上してきたと言っても、以前に比べて重金属や化学物質による水質汚染が不安要素としてあるのも事実です。

河川水中に含まれる物質には化学物質の他、有機物、大腸菌などの細菌類まで多岐にわたります。それを浄水処理施設において、ろ過し、次亜塩素酸の添加等を経て水道水として運ばれます。それでも水道水中には蛇口の時点で塩素が残留するように添加されているので、そこで各家庭や事業所、店舗で使われるのが浄水器です。

本来の浄水器の目的としては、浄水場で除去しきれず藻類や菌類、水道管の錆などの不純物が混入してしまうこともあり、より安全な水を口にしてもらう為に、さらにそれを取り除く為に設置している所がほとんどです。浄水器には後から蛇口に直結する据え置き型と、屋内配管に組み込むビルトイン型があります。

多くの家庭が前者の据え置き型を設置していますが、こちらはどの様な蛇口にも取り付けられるというメリットがあります。転居などがあり、シンク下に組み込めないという方にはおすすめです。また事業所や店舗では後者を多く設置していますが、こちらはフィルタ部分をシンクの下に組み込むことができるので、フィルタを大きくでき、交換間隔を減らせるというメリットがある。

ですのでスペースを広く使いたいという方におすすめです。形状の説明をしましたが、どちらにしても生き物にとって水は無くてはならないものです。これから先、どんな化学物質や細菌類が出てくるかわかりません。浄水器の性能もそれに合わせて向上するでしょうが、そこにつなげる為にも設置をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *