私が選ぶ名古屋の医療脱毛クリニック

安全性の高い医療脱毛について

医療脱毛とは、クリニックや病院で施術される脱毛法のことを指します。近年では医療脱毛と言えば、医療用のレーザーを用いた医療レーザー脱毛が一般的ですが、1980年代には医療用の針を使ったニードル脱毛が主流でした。毛穴の一つ一つに針を差し込んで微電流を流し、毛根を完全に破壊するので非常に脱毛効果が高いのが特徴でしたが、針を刺すと言った行為に強い痛みが伴うので我慢ができず、途中で諦めてしまう方もたくさんいらっしゃいました。1990年代になると痛みが少なく、広い範囲の施術が一度にできる医療レーザー脱毛が医療機関で行われるようになりました。

医療レーザー脱毛は、黒色メラニン色素に反応する波長のレーザーを照射するのでムダ毛だけに反応して熱を発生させ、毛根にある毛母細胞を破壊します。ですので、二度とムダ毛が生えてくることがありませんし、周辺の皮膚組織には、ダメージをほとんど与えないので非常に安全性の高い脱毛法だと言われています。しかし全く副作用や後遺症がないと言う訳ではなく、ごくまれに軽い火傷や赤みが起こる事もあります。施術後は患部をよく冷やして、清潔に保つように心がけると数日もすれば症状が改善されていきますが、もし悪化する様な場合は施術を受けた医療機関で治療を受けることが大切です。

医療脱毛は医療機関でのみ施術ができる脱毛法ですので、万が一肌トラブルが起きた時でも、すぐに医師による治療が受けられ薬が処方されるのでたいへん安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *