私が選ぶ名古屋の医療脱毛クリニック

医療脱毛と脱毛サロンの違い

全身脱毛を行おうとして施術できる場所を探すと、医療脱毛や脱毛サロンといったキーワードを見かけて、何が違うのか気になる人が多いと思います。違いが分からないと「どこで施術を受ければいいか分からない」ということにもなるので、違いを理解して検討する必要があります。医療脱毛とは美容外科などの医療機関が行うレーザー脱毛方法で、黒色に反応するレーザーを照射して、熱によるダメージを毛根に与え毛乳頭を破壊します。脱毛サロンはエステサロンなどで利用されるフラッシュ脱毛方法で、同じくレーザーの照射によって脱毛を行います。

どちらが使うマシンも同じ仕組みなのですが、医療脱毛によるマシンは出力が強く、毛根を確実に破壊するため永久脱毛が可能となっています。毛根を破壊する行為は医療行為とされ、これを行うレーザー脱毛には免許が必要で、肌への負担があるためリスクが高い代わりに、医療機関による施術のため、肌へのアフターケアは万全と言えます。対するフラッシュ脱毛はレーザーの出力を抑えた機器で免許を必要としませんが、威力が低いため毛根の破壊はないです。そのため脱毛が完了するまでの必要な施術回数が増えるなどデメリットもありますが、1回の施術費用は医療脱毛より安く、肌への負担が少ないメリットがあります。

特に敏感肌など肌が弱い人が医療脱毛を行うと肌が赤くなったりヤケドを負うこともあるため、フラッシュ脱毛を好んで選ぶ人も多いです。そのため全身脱毛を行う際は、それぞれのメリット、デメリットをよく理解して選ぶことが大切だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *