今、世界各国の観光業は大変な試練を与えられています。

日本でも各地のホテルでは徹底した清掃を毎日実施しており、このために新しく人材を募集されているところもあるほどです。すべては2020年の2月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスに起因をしており、不特定多数が使用する空間ではクラスターを発生させないように努めないといけません。

新型コロナウイルスにはまだ、明確な治療法はありません。われわれに唯一できることは感染を未然に予防するだけのこととなり、その役に立つと言われているものがプラズマクリーナーです。

ここではプラズマクリーナーにスポットを当てて詳しく解説をしていきましょう。まずプラズマクリーナーは昔から存在していた電気器具で、食品生産工場や病院・介護施設では一般的に使用されてきました。
プラズマクリーナーの先端には大きなヘッドが付いており、ここから紫外線と陽電子を帯びたプラズマを照射することができます。

プラズマにはウイルスやハウスダストを分解する特性があるため、室内環境を清潔に保つことが可能です。観光業では来客が使用したスリッパや寝具、さらに客室の隅々まですべて除菌をしないと営業許可が下りない時代となりました。

そのための労力を少しでも軽減するには、プラズマクリーナーを活用するのが望ましいでしょう。1台約20万円の高級な家電ですが、現在は補助金も支給されるので比較的購入しやすいものになりました。

プラズマクリーナーについてならこちら