洗浄装置には様々な種類がありますが、プラズマクリーナーはその1つだと言えます。色々な種類の装置がある中で、これを選ぶことのメリットが分からない人もいるかもしれませんが、プラズマが発生するかどうかで大きな違いがあることを知っておくと良いです。電離したガスであるプラズマは、反応性が高くて酸化力が強いという特性を持っています。つまり、プラズマクリーナーを用いればガスが製品の表面に付着した有機物を効率的に酸化させることができるので、他の洗浄装置よりも強力な除去効果を期待することができるでしょう。

溶媒や洗浄液を用意しなければならない機器も多いですが、プラズマクリーナーの場合は減圧下でガスを照射すれば良いので、溶媒や洗浄液を用いる必要がありません。濡れることがないので液体に浸けることができないものにも使用できますし、洗浄後に乾燥するという手間を省くことができます。溶媒や洗浄液を用いると乾燥するまで器具が使えず、作業効率が悪くなることもありますが、プラズマクリーナーであれば中断せずに作業を続けることが可能です。また、廃液処理の必要がないというメリットもあります。

器具をたくさん使う現場では洗浄のために用いた廃液が大量に出てしまうことがありますが、プラズマクリーナーであれば廃液が発生しないので処理のために手間やお金をかけずに済むでしょう。このようにたくさんのメリットがあるので、この洗浄装置は非常に便利だと言えます。