プラズマクリーナーとは、簡単に言えば「ガスプラズマを使って通常除去しきれない見えない汚染を洗浄する機械」の事です。本来は小さな汚れや埃も徹底除去しなければならない精密機械の制作等で、心臓部になる基盤の手入れ等に使われる機械でした。ただ、時代と共に技術革新や需要の変化があった事もあり、最近では空気清浄機としてのプラズマクリーナー等も登場しており商業施設から、一般家庭まで多くの需要があります。大きさは巨大な工業機械レベルの物まであるかと思えば、卓上小型クーラーレベルの物まで多くのプラズマクリーナーがあると思って下さい。

ちなみに、誤解される部分でもありますが、機械が1つあれば全ての汚れに対応出来るというわけではなくて中に入れるガスプラズマによって出来る物と出来ない物があります。一般の家庭用に関しては、説明書に記載された内容は問題ありませんが、それでも不可能な物も無いでは無いのでその辺りは仕様をしっかり熟読する事をお勧めします。ニュアンスとしては、プリンターにおけるカラー用インクと白黒インクの違いと解釈しておけば齟齬は無いです。通常は、喘息や花粉症等で苦しむ人が愛好したり、病院施設で重宝される機械でしたが、昨今コロナ騒動の影響があり需要は右肩上がりで伸びています。

機能はメーカーによってかなり差別化されており、物によっては携帯で外出先から起動指示可能になっている様な物も出て来ていて、これからも改良は続くと見られます。