プラズマ洗浄装置は瞬間的に後電圧を加えることで、表面のゴミなどを除去することで洗浄を行う装置ですが、特に電子機器で様々な部品を実装し、回路を構成するプリント基板の洗浄に効果的に用いられています。プリント基板の表面に光電圧を瞬間的に流し、表面のほこりやゴミを取り除くばかりでなく、表面をプラズマの効果によって傷つけることができるため、部品実装の際にその表面積を増やすことができ効率的な作業を行うことができるのが利用される理由です。プラズマ洗浄装置に使用されるプラズマは雷を発生させる原理と同じものであるため、非常に危険なイメージを持つ人が少なくありません。これをプリント基板に使用することでその配線を損傷してしまうのではないか、もしくは基板自体を破損してしまうのではないかと言う心配をする人も多いのですが、実際にはその電圧や電気を加える時間を調整することで、効率よく部品実装に適した状態にすることができることがわかっています。

プラズマ洗浄装置は一般的に洗浄をする対象によって与える電力を変化させることができるほか、その時間を変えることもできるため、プリント基板を洗浄する場合には表面積を増やす程度に表面だけを傷つけ、配線に影響与えない程度の電力と継続時間に設定されていることから、この設定を守れば安心して使用できます。同時にこれまでのように基盤を水洗いしなくても済むため、電気的な問題を生じることなく電子機器の製造を効率化することができるのが、プラズマ洗浄装置が利用される大きな理由です。