美容整形とは人体の機能的な欠損や変形の矯正ではなく、自らの美意識に基づいて人体の見た目の改善を目指す臨床医学のひとつです。

美容整形によって、胸を大きくしたり二重まぶたにしたりできるほか、顎や鼻の形をかえる、脂肪を吸引するなどさまざまなことを行なえます。基本的に病気の治療ではないため健康保険の適応はされず、全額自己負担の自由診療となりますが、腋臭症や血管腫などならば保険適用が認められる疾患もあります。

美容整形は正式な医療行為であり信頼性も高いとされていますが、施術を受けるさいに注意が必要なのは誠実でない医師や医療機関もあり、無認可医による被害も増加しています。また、近年では注射をするだけで見た目が改善できるプチ整形も流行していますが、これも医療行為のため完全にリスクがゼロな訳ではないことを理解しなくてはならないのです。なにより、一度美容整形に失敗してしまうと簡単に元通りになることは少なく、それ相応のリスクと覚悟がいることを理解する必要があります。
銀座の美容整形についてはこちらです。

また、一度行なうとその状態を維持するために何度も同じ施術を行なわなくてはならなかったり、定期的なメンテナンスが必要になる、形を変える手術では違和感が出てきたり、神経が傷つけられて麻痺になってしまった、シリコンを入れた場合には毎日マッサージしなくては硬くなってしまうなどが上げられます。最初のうちはいいですが、時間が経つと不自然になってしまうためその都度修正する必要も出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *